北方領土の話題と最新事情

北方領土の今を伝えるニュースや島の最新事情などを紹介しています。

北方領土ノート

樺太連盟3月末解散 引き揚げ者援護、戦禍伝え70年超 会員高齢化「使命果たした」

樺太(現ロシア・サハリン)からの戦後引き揚げ者らでつくる全国樺太連盟(東京、西本美嗣会長)が、3月末で解散することが分かった。1948年の結成以来、引き揚げ者の援護や親睦のほか、樺太の暮らしや戦禍の伝承に力を入れてきたが、会員の高齢化で継…

国際連盟を脱退して以来、日本には外交なんて一度もない 半藤一利

作家で歴史研究家の半藤一利さんが1月12日に亡くなった。歴史とは何か、戦争とはなにかという問いに徹底的に向き合った半藤さん。「私に言わせれば昭和8年以来、日本に外交なんてものは一回もありません。北方領土のことで言えば、かつて幕府海軍を率い、…

これは天晴れ!! 北方四島百科地図 根室高校の地理研究部が30~40年前に作成

1980~90年代、北海道立根室高校の地理研究部が元島民に聞き取り調査をして、住まいや学校、役場などの所在を大きな紙に描きました(縮尺5,000分の1)。人々の暮らしや豊かな自然が伝わってきます。(NHK戦争証言アーカイブス「北の戦い」より)

2021年度に北方領土の植生図を作成へ 固有の領土訴える狙いか

日本政府は、北方領土の植物分布を示す「植生図」を2021年度中に作成する方針を固めた。読売新聞が報じている。(スプートニク日本2021/1/5) 北方領土の植生図作成においては、日本政府による現地での調査ができないため、人工衛星画像を活用して作成するとい…

「千島通史の研究」--先史時代から終戦までの変遷追う

2021年1月4日の北海道新聞夕刊です。「千島通史の研究」を刊行した川上淳・札幌大学教授の寄稿が掲載されています。

千島列島の先史―戦後、詳細に 20年がかりで札大・川上淳教授が「千島通史の研究」出版

北海道出版企画センターの野澤さんから「千島通史の研究」が届きました。札幌大学の川上淳教授が前職の根室市博物館開設準備室(現・根室市歴史と自然の資料館)の学芸員時代から20年の歳月をかけて完成させた711ページに及ぶ労作、大著です。 北海道新聞電…

北方四島周辺タコ漁 ロシア臨検11隻 安全水域で漁具損壊も

北方四島周辺水域の安全操業で、根室のタコ空釣り縄漁船5隻がロシア国境警備局に拿捕されて17日で1年。操業を許可する道は再発防止に向け、拿捕の一因とされるタコの計量方法を厳格化した。だが、ロシア側は今年も「臨検」を繰り返し行い、監視の強化を続け…

ロシア外務省は東京で開催された北方領土の展示会に憤慨した

ロシア外務省のザバロワ報道官は10日に行われたブリーフィングで、日本の東京で開かれた南クリル諸島(※北方領土)に関する展示会について「主催者が忘れていた主なことは、南クリル諸島に対する我が国(ロシア)の主権である。それは国連憲章でも明らかであり、…

北方四島のロシア軍着々と増強 戦闘機や無人機、今月「防空ミサイル」も 対米悪化で「対抗措置」日本政府は抗議

ロシアが対米関係の悪化を背景に、北方領土で軍備増強を着々と進めている。1日には米国によるミサイル防衛(MD)網構築への対抗措置として、択捉島に高性能地対空ミサイル「S300V4」(射程400キロ)を実戦配備。既に北方領土に地対艦ミサイルを…

エトロフの市長「日米の友人がクリルに移住を希望するなら極東ヘクタールを与えよう」

択捉島などを管轄するクリル地区行政府のヴァディム・ロコトフ市長は「択捉島の住民が米国への移住のためにグリーンカードを申請した事例は聞いたことがない」と強調した上で、クリル諸島に移住を希望する日本人やアメリカ人に対する支援を約束した。米国務…

シムシル島(新知島)ブロトン湾からオホーツク海への水路に命名

クリル諸島(千島列島)中部のシムシル島(新知島)ブロトン湾とディアナ海峡の間にあり、オホーツク海へ抜ける水路にロシア太平洋艦隊のユーリ・イグナトヴィチ大尉の名前が付けられた。11月11日にロシア政府が決定した。サハリンとクリル諸島に約1,500あるとい…

「クリル(北方四島)で生まれた人が日本人なら、アラスカで生まれた人は帝政ロシア市民だろ」トルトネフ副首相がジョークで反撃

「私には、これは国際法における新しい立場のように思える。そうであれば、アラスカで生まれた人は帝政ロシアの市民として認識されるべきで、私はその件で外務省と話す準備が出来ている」--。サハリンを訪問しているロシア政府のトルトネフ副首相は、クリル…

米「四島生まれは日本出身」ロシア「報復主義」と批判 択捉島の市長「申請者は1人もいない」

ロシア外務省は6日、実効支配する北方領土で生まれた人が米国永住権(グリーンカード)を申請する際、米政府が数十年前から出身国を日本として扱っていたことについて「米国務省は第2次世界大戦の結果に疑問を投げかけ、報復主義を広めようとしている」と…

北方四島生まれは「日本出身」米の永住権申請、数十年前から規定 明文化でロシア人島民反発

ロシアが実効支配する北方領土で生まれた人が、米国永住権(グリーンカード)を申請する際、米政府が数十年前から出身国を日本として扱っていたことが、米国務省などへの取材で分かった。2018年からはグリーンカードを抽選で与える制度の応募規定に、出…

<安藤石典と領土返還運動75年>下 銃撃事件 デモの契機に

北方領土返還運動の原点・根室でも、75年前に根室町長、安藤石典(いしすけ)が四島返還の陳情書を起草した「12月1日」が長く意識されてきたわけではない。(北海道新聞・釧路根室版2020/12/2) ■やり場ない怒り 1855年(安政2年)に日露通好条約が…

<安藤石典と領土返還運動75年>上 四島復帰、GHQに直訴

「お客さん、ラッキーですよ。きょうは島がよく見える。あれが国後です。目の前にある島、みんな取られてしまったんです」 根室・納沙布岬にある土産物店「レストハウス請望苑(せいぼうえん)」社長、竹村秀夫(69)の朝は客とのそんな会話から始まる。新…

対米陳情書、精査の痕跡 終戦直後、四島返還運動の「原点」 根室で「試し刷り」見つかる

1945年(昭和20年)12月1日付で、当時の根室町長、安藤石典(いしすけ)が連合国軍総司令部(GHQ)のマッカーサー最高司令官に宛てて起草した北方四島返還を求める陳情書の試し刷りが、根室市歴史と自然の資料館に残っていた。陳情書は現在につながる領…

『逃げるべきか、とどまるべきか』--若き支庁長の決断

あるいは、この人が北方領土問題を強く意識して、行政としての対処方針を示した最初の人かもしれない。 ソ連軍が北方四島に上陸、占領した時の根室支庁長・徳永俊夫さんである。 「島民ニ告グ」という支庁長告示の中で「領土関係は未だ正式決定を見ず、従っ…

この違い!! 日ロ首脳電話会談公式発表

ロシア大統領府は(9月)29日、プーチン大統領と菅義偉首相による初の電話会談の内容を発表したが、日本側が最重要視する北方領土問題と日ロ平和条約について一切触れなかった。(共同通信2020/9/29) 【ロシア大統領府発表】 菅義偉日本国総理大臣との電話会談 …

択捉島を襲撃したフヴォストフの映画制作 ロシア地理学会

ロシア地理的遺産プロジェクトの一環として、ニコライ・フヴォストフらが19世紀初頭に行ったサハリンとクリル諸島への遠征ルートをたどるツアーの一行が択捉島やサハリンを訪れ、映画制作のための資料収集を行った。企画したロシア地理学会リャザン支部長で…

弟妹5人 脱出時に海で遭難死 「国後で線香を」変わらぬ思い

『戦後、旧ソ連軍が占領した国後島から一家9人で根室へ向けて脱出した榎信雄さん(86)=旭川市=は、途中の海で弟妹5人を失った。両親と兄は他界し、当時を知るのは信雄さん一人になった。「現地を訪ねて線香を上げたい気持ちは今も変わりません」。24日に75年…

サハリンの歴史家が要塞の島マトゥア(松輪島)の伝説を暴いた

サハリンの歴史家イーゴリ・サマリン氏が神秘の島・マトゥア島(松輪島)に関する著作2巻を著した。クリル諸島中部の小さなこの島は、活発なサリチェフ火山を除けば平凡な島である。1875年にサンクトぺテル条約(千島樺太交換条約)でクリル諸島を受け取った日本…

スターリンはなぜ北海道占領計画を放棄したのか?

スプートニク2020/9/3 今年4月、ロシアのプーチン大統領は9月3日を「第2次世界大戦終結の日」とする法案に署名した。日本の降伏文書が調印されたのは1945年9月2日。同年、ソ連では9月3日を「対日戦勝記念日」と定めて祝日とすることが正式に承認された。一方…

9月2日 日本が降伏文書に署名 太平洋における第二次大戦終結

1945年9月2日、日本の無条件降伏の調印式が行われた。歴史的なイベントは東京湾に停泊するアメリカの戦艦ミズーリで行われた。戦争に負けた国を代表して重光外相と梅津参謀総長が署名した。セレモニーには多数のジャーナリストが招待され、日本と戦ったほと…

サハリンの歴史家サマリン氏が「マトゥワ島の歴史」を出版

サハリンの歴史家イーゴリ・サマリン氏が「マトゥワ島の歴史」と題した2巻の作品を発表した。ユジノサハリンスクのポベダ博物館の科学部長を務めるサマリン氏は、15年ほど前からマトゥワ島(松輪島)に関する資料収集を開始。2016年から2017年にかけて、ロシア…

ロシア国防省 クリル上陸作戦などの機密文書公開 第二次大戦終結75周年で

ロシア国防省は第二次大戦の終結75周年に合わせて、極東における第二次大戦終盤の軍関係文書の機密解除を行い、同省のウエブサイトで公開した。文書は「満州戦略」「南サハリン攻撃」「クリル諸島上陸(※占守島の戦闘関係)」の3つの主要な作戦に関する戦闘経…

1945年9月1日 色丹島に赤旗が翻った日

1945年11月30日の北海道新聞に「色丹村長の梅原衛氏は、27日朝根室にひょっこり姿を現した。ソ連軍の許可を得て島の生産物販売の使命を帯びて来た」という記事が出た。 村長は75年前の9月1日朝、斜古丹湾に面した役場前の橋から、ソ連軍上陸を見届けた。3隻…

強制退去の島民 極寒の樺太 過酷な抑留生活を耐え

戦後75年 領土の記憶(5) 極寒の樺太 過酷な抑留生活を耐え 産経新聞2020.9.1 北方四島(択捉島、国後島、色丹島、歯舞群島)を不法占拠したソ連は昭和22(1947)年夏から23年秋にかけ、それぞれ島に残った島民たちを強制的に退去させた。ただ、島…

9月1日 ソ連上陸用舟艇がフルカマップ湾に上陸 日本軍の将兵469人を捕虜にした

1945年9月1日--。この日、クリル諸島上陸作戦史上、極めて重要な出来事があった。早朝、ソ連軍の2隻の上陸用舟艇が40分ほどの時間差で国後島フルカマップ湾(現ユジノクリリスキー湾)の沖合に姿を現した。現在のユジノクリリスク市のすぐ近くである。最初の上…

8月31日 得撫島の日本軍が降伏文書に署名 クリル諸島北部がソ連占領下に

1945年8月31日、カムチャツカ時間の正午(日本時間午前10時)、カムチャツカ防衛区軍司令官グネチコ少将とウルップ島(得撫島)の日本軍第129独立混成旅団の旅団長・仁保進少将が会見。ウルップ島の日本軍は降伏文書に署名した。これによって、カムチャツカ防衛…