北方領土の話題と最新事情

北方領土の今を伝えるニュースや島の最新事情などを紹介しています。

択捉島・紗那 名物の階段がある崖 あわや転落のトヨタカローラ

今朝の択捉島クリリスク(紗那)。通勤途中の住民は、アクション映画の1シーンのようなスリリングな光景を目撃した。旧市街地から高台に通じる、おなじみの階段がある崖から、トヨタカローラがぶら下がって、今にもずり落ちそうな気配。信じられないくらいの幸…

国後島のクリル自然保護区 ドローンを活用した環境保護の取り組み発表

ドローンを活用した自然保護活動の報告会が10月16日、ユジノサハリンスクで開かれ、国後島にあるクリル自然保護区が同島南部のベスロフスキー半島(ケラムイ崎)で実施した取り組みを発表した。自然保護活動へのドローンの活用を図るため大統領助成金を受けて…

Mi-8ヘリを4億1,900万ルーブルで売却へ 財政難のサハリン州政府

サハリン州政府は所有するMI-8ヘリコプター1機を4億1,900万ルーブルで売りに出す。理由は明らかにされていないが、非常に厳しい状況にある州の財政事情が背景にある。4億1,900万ルーブルは今の州政府にとって大きな臨時収入だ。また、リマレンコ知事が離島を…

根室とセベロクリリスク交流再び サハリン姉妹都市 市職員らオンライン交換

根室市は、姉妹都市であるロシア・サハリン州のセベロクリリスク市(千島列島北部パラムシル島)との交流再開に向け22~24日、オンラインで意見交換した。両市の対面での交流は約20年間途絶えている。今回は両市の職員らが2人ずつ参加して地域の抱え…

択捉島 子供たちが中世の英雄ネフスキーの生涯を学んだ

中世ロシアの英雄アレクサンドル・ネフスキー生誕800周年を記念した教育プロジェクトの責任者であるヴィクトル・ゴルバッハ大司教が択捉島のゴルノエやゴリャチエ・クリュチ(瀬石温泉)、レイドヴォ(別飛)、クリリスク(紗那)を訪問した。児童生徒にネフスキー…

北方四島をロシア領と表記するようgoogleに要求 ロシアの下院議員

「サハリン州の一部である択捉島、国後島、歯舞群島、色丹島がグーグルマップで正しく表記されていない」--ロシア下院の安全と腐敗防止委員会の責任者であるヴァシーリー・ピスカレフ議員が、グーグル代表者との会議で再び対応を求めた。ピスカレフ氏は今年4…

ウニなどのDNAから未知の毒素を発見 昨年10月のカムチャツカ沿岸の赤潮被害

2020年秋に、赤潮により海洋生物が大量死したカムチャツカ地方の沿岸で、生態系の回復状況を調査していた極東連邦大学とカムチャツカ地方の科学者らが未知の毒素を発見した。調査はカムチャツカ南東部と南西部の沿岸で行われた。ウニなどの底生生物のDNA分析…

択捉島 新型コロナワクチンを接種した年金受給者に1,000ルーブル支給

北方四島を管轄するサハリン州は、新型コロナワクチンをまだ接種していない年金受給者が接種に応じた場合、1人につき1,000ルーブルを支給することとし、申請の受付を始めた。択捉島を管轄するクリル地区では、23日から受け取りが可能となり、年金受給者は接…

北方領土テーマに動画コンテスト 道が初開催 来年1月まで作品募集

北海道は来年、北方領土問題をテーマにした映像作品を一般から募り、「北方領土動画コンテスト」を初めて開催する。インターネットや会員制交流サイト(SNS)に慣れ親しんだ若い世代への発信力強化が狙い。入賞作品は動画投稿サイトや集会などで上映し、啓発…

ビデオブロガーが択捉島の魅力をYouTubeチャンネル「The People」で紹介

有名なビデオブロガーでジャーナリストのアントン・リャドフさんが10月24日、自身のYouTubeチャンネル「The People」に、択捉島を舞台にした新しいエピソードをリリースした。「今日、私はロシアの東の国境にいる。クリル諸島の択捉島で、その隣に日本との国…

国後島、色丹島で国勢調査が本格化 調査員20人が活動中

国後島、色丹島、歯舞群島を管轄する南クリル地区で国勢調査が行われている。調査員のイリーナ・ナウモワ氏によると、国後島と色丹島で20人の調査員が働いているという。国勢調査は性別、年齢、市民権、居住地、言語、教育、子供の数、収入源など33項目あり…

俳優セガールが日ロ関係改善に一役? 「近く岸田首相と面会する」と語った

ロシア-アメリカ問題の特使で、俳優のスティーブン・セガール氏がロシアと日本の外交関係を憂慮し、自身が近く岸田首相に面会し、両国の関係修復に向けて努力すると語った。親日家でもあるセガール氏は「ロシアと日本の状況が修正されることを願っている。私…

樺太時代の日本の小学校の門柱解体 バス停留所設置のため「文化遺産に登録されていなかった」市長室が釈明

10月21日にサハリンのウグレゴルスク市(恵須取)に残っていた樺太時代の日本の小学校のコンクリート製の門柱の1つが解体された問題で、地区行政府は「門柱は市の所有物ではなく、文化遺産の登録簿に記載されていなかった」と説明した。情報によると、門柱があ…

国後島 要請から4日目にドクターヘリ到着 脳卒中患者をサハリンに搬送

4日間、ドクターヘリの飛行を待っていた国後島の重度の脳卒中患者が22日、サハリンの病院に搬送された。サハリン州保健省によると、脳卒中患者の状態と荒天のため輸送することは不可能だったという。この日、医師は患者の状態が安定していることを確認し、ド…

択捉島の軍の町、瀬石温泉にショッピングセンター 11月末にオープン

択捉島の軍の町ゴリャチエ・クリュチ(瀬石)に11月末、地元農産物や日用品などを販売する「ファーマーズ・プロダクツ」2号店がオープンする。店舗を開設し運営するのは地元の漁業・水産企業コンチネントのグループ企業のコンチネント・アグロ、農民農場「ブク…

著名な作曲家で歌手のスルツキーが国後島と色丹島でコンサートを開いた

10月19日、国後島ユジノクリリスク(古釜布)の文化会館で有名な作曲家で歌手のイーゴリ・スルツキーのコンサートが開かれた。サハリンのアレクサンドロフスク・サハリンスキーの生まれ。詰めかけた観客は、スルツキーの歌とサハリンの演奏家セルゲイ・ルキヤ…

国後島・古釜布 酒を買う金欲しさに建築現場から工具盗んだ男を逮捕

国後島ユジノクリリスク(古釜布)の警察は、集合住宅の建築現場に忍び込み、工具などを盗んだ47歳の男を逮捕した。男は数カ月、この建築現場で働いており、工具などがどこに置いてあるか把握していた。建物のドアが施錠されていたことから、男は足場を通り抜…

国後島の60歳の男性 ドクターヘリを待って4日目 昏睡状態、死の淵に

脳卒中を起こし、昏睡状態に陥った国後島の60歳の男性が、サハリンの病院に搬送されるのを待って4日目を迎えた。時間的猶予は1日ではなく数時間とみられ、死の淵にたたされている。ドクターヘリは1機しかないうえ、悪天候が重なってしまった。患者の妻は「夫…

国後島・古釜布 再建されたタウンサインと街並みが一緒にフレームに入らない…

国後島ユジノクリリスク(古釜布)市街地への入り口に高さ8.5mのタウンサインが再建されたが、国後島在住のジャーナリスト、オクサナ・リズニッチさんは、写真を撮影する際に、サインと街並みが一緒に写せるような設計になっていないと不満を表明した。ユジノ…

北方四島の免税制度 コルサコフ港にも適用求める サハリン知事表明

北方四島を含むクリル諸島への免税制度導入に関して、サハリン州のリマレンコ知事はサハリン本島のコルサコフ市を含めるよう求めていく考えを示した。「コルサコフ港は水産物の処理とロシア本土への輸送のための重要なターミナルであり、さらに、ヨーロッパ…

北方四島含むサハリン州 30日--11月7日まで休業 60歳以上やワクチン未接種者は自宅で自己隔離

ロシア全土での新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、サハリン州のユシュチュク副首相は北方四島を含むサハリン州全域で10月30日から11月7日までを休業日とし、60歳以上の住民や慢性疾患がある人、ワクチン接種を受けていない人は自宅で自己隔離するよう求…

国後島 サケが産卵する8河川、2湖で産卵床など調査 VNIRO

ロシア漁業海洋学調査研究所(VNIRO)のサハリン支部の研究者が9月22日から10月5日まで、国後島でサケが産卵する8カ所の河川と2つの湖を調査した。北部の太平洋側にあるフィラトフ川(留夜別川)では、カラフトマスの産卵が終わり、シロサケの産卵が始まっていた…

樺太時代の歴史的な街並みの一部が破壊された 恵須取小学校の門柱撤去

サハリンのウグレゴルスク(旧恵須取)市内にひっそり残されていた樺太時代の恵須取の小学校の門柱が10月19日、通りをきれいにするために破壊され、撤去された。門柱は地区行政府から数十メートル離れたクラスノアルメイスカヤ通りにあり、「ストーブ」と呼ば…

魅惑的な、夜明けの国後島

テレグラム・チャンネル「南クリル諸島の観光とエクスカーション」が国後島で撮影された魅惑的な夜明けの写真を共有した。「10月は日の出が遅く、特に早く起きる必要はない。日の出に照らされたこのような素晴らしい雲をとらえることができる」と撮影者は書…

国後島のクリリアン・ボブテイル、喧嘩屋マ―シャ参上 今度は子犬2匹を蹴散らす

国後島の喧嘩屋として売り出し中のクリル諸島(千島列島)原産の猫、クリリアン・ボブテイルのマーシャが、今度は一緒に遊びたがって近寄ってきた子犬2匹を蹴散らした。飼い主がマ―シャを空き地に連れていくと、そこには2匹の子犬がいた。尻尾を振り振り近くづ…

カムチャツカ地方は太平洋サケマス流し網(沖獲り)の復活を危惧している

ロシア漁業庁は、ロシア極東排他的経済水域(EEZ)における太平洋サケマス沖獲り向け漁獲割当オークションを、今年11月と12月、2クールに分けて開催すると先に発表、上場は、6海域5魚種、計103ロットで全体のTAC設定の約5割、落札による漁獲割当配分の権…

ロシア10月30日から11月7日まで「非労働日」に 新型コロナ感染拡大で休業命令

ロシアのプーチン大統領は20日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、30日から11月7日まで、ロシア全土で出勤しないよう求める「非労働日」とすることを承認した。ロシアでは20日、感染による1日当たりの死者が1,028人と過去最悪を更新。1日当たりの新規…

国後島・クリル自然保護区 微生物学者が温泉のバイオフィルムを調査

カザンとサンクトぺテルブルクの微生物学者らが9月に、国後島のクリル自然保護区を訪れ、国後島の温泉と淡水域で微生物の集合体であるバイオフィルムの調査を実施した。(サハリン・インフォ2021/10/20)

シャンソンのスターが国後島でコンサート 島をテーマにした曲を披露

ロシアのシャンソン歌手で作曲家のイーゴリ・スラツキーがコンサートのため国後島を訪れ、国後島、色丹島、択捉島を歌った曲を披露した。ユジノクリリスク(古釜布)でコンサートを行ったスラツキーは、島内の観光地を訪れたくさんの写真を撮り。SNSで紹介した…

“北方領土問題に関心を” 道が札幌でジオラマを展示

北方領土問題への関心を高めてもらおうと、道はおもちゃのブロックでつくった北方四島のジオラマを札幌市内で展示しています。札幌市中央区の地下歩行空間「チ・カ・ホ」に展示されているのは、おもちゃのブロック「レゴ」でつくった北方四島と、隣接する根…