北方領土の話題と最新事情

北方領土の今を伝えるニュースや島の最新事情などを紹介しています。

北方四島の話題

2022年漁期 ロシアと北海道のシロザケ漁獲量比較 40°N以北-180°E以西沿岸 

一般社団法人北洋開発協会(北海道機船漁業協同組合連合会内担当・原口聖二)は、昨年2021年漁期から、シロザケの生産において増殖事業に依存度が高い北海道とサハリン州、そして野生の割合が高いその他のロシア極東地方の各沿岸の漁獲量の比較を行って…

国後島 急増する観光客 景勝地はごみの山 温泉が流れる川をせき止め入浴

観光客が急増している国後島--。地元住民は、景勝地に大量のゴミを残していくマナーの悪い観光客の振る舞いに怒っている。住民の1人は、国後島の観光地「悪魔の指」(ローソク岩)を映したビデオをサフコム通信に送ってきた。「悪魔の指」は海から突き出た円錐…

択捉島 「生きて帰って」島から招集された男たちにビデオメッセージ

択捉島の女性と子供たちが部分的動員令で択捉島から招集された男性たちを励ますビデオメッセージを制作し、地元紙「クラスヌイ・マヤーク(赤い灯台)」のテレグラム・チャンネルで公開した。女性たちは彼らの勇気をたたえながら、生きて帰ってほしいと願った…

国後島ソコボイ滝 クルーズ観光に対応し船からの上陸認める 自然保護区に2つの観光ルート認定

「世界観光の日」の9月27日に合わせて、ロシア天然資源環境省は国後島のクリル自然保護区に2つの環境学習ルートの開設を許可した。場所は国後島北部のプチチイ滝(ソコボイ滝) と太平洋側にあるチャチナ川(音根別川)。観光分野でクリル諸島の人気が高まる中、…

択捉島・別飛 新中等学校の正門に散布山とヒグマのトピアリー

今年9月に開校した択捉島レイドヴォ村(別飛)の中等学校の正門に火山を持ち上げる2頭のヒグマを模したトピアリーが設置された。鉄と緑色のポリエチレン製のヒグマは互いに向き合い、両手を掲げて択捉島のシンボルであるフメリニツキー火山(散布山)を持ち上げ…

北方四島含む千島列島 海洋養殖事業の生産量は年間5万トン、1億ドル以上の可能性

サハリン州のアレクセイ・べリク首相はクリル諸島(北方四島を含む千島列島)における海洋養殖分野のプロジェクトの可能性について「生産量は年間5万トン、1億ドル以上が見込まれる」と述べた。クリル諸島ではウニやホタテ、コンブ、ナマコの養殖プロジェクト…

ロシア部分動員令、極東でも波紋 北方領土から招集 徴兵事務所襲撃も

ロシアのプーチン大統領が決めたウクライナ侵攻に関連した予備役の「部分動員令」が、極東でも波紋を広げている。北方領土では26日までに国後、択捉両島で少なくとも45人を招集。四島を事実上管轄するサハリン州政府は家族への支援金支給を表明するなど…

滝2題 国後島ゴロフニンスキー断崖の滝  択捉島「ウィーピング・ロック」

国後島の南部太平洋側にある絶景ポイント、高さ50mのゴロフニンスキー断崖から流れ落ちる滝を撮影した動画がテレグラムチャンネル「アドレナリン・ツアー」に投稿された。「ここまでたどり着くのは大変だが、美しい光景を目の当たりにすると感情が揺さぶられ…

国後島 松明に照らされた幻想的な材木岩 地元ガイドは火の使用を批判

国後島の観光名所ストルプチャティ岬(材木岩)を訪れた観光客が松明で崖を照らす写真をテレグラムチャンネル「アドレナリン・ツアー」に投稿した。地元のガイドで作家のオクサナ・リズニッチさんは「写真自体は美しいが、ストルブチャティ岬で火を使用するこ…

色丹島・トイロ 霧のベジミャナヤ湾 夜明けの幻想

色丹島でも最も人気がある観光地の1つ、ベジミャナヤ湾(太平洋側のトイロ付近)で迎えた夜明け。陽が昇る直前に、霧が海岸全体を覆った。写真を撮影した観光客は「すべてが白いベールに包まれた。色丹島の東海岸は海水温の影響でとても不安定に見えた。まるで…

択捉島のアメマスはでかい

これは択捉島のアメマス!! 人気テレグラム・チャンネル「フィッシング・ハンティング・サハリン・チャット」で釣り人が釣果を自慢した。サハリン住民はその大きさに驚いた。ユーザーは「サハリンではこのサイズの個体は少ない」と書き込むと、別の釣り人は「…

択捉島の紗那と別飛の20人を招集 プーチン大統領の部分的動員令で

択捉島を管轄するクリル地区行政府は23日、政府が設定した部分的動員の任務を完了した。択捉島のクリリスク(紗那)とレイドヴォ(別飛)の住民20 人が招集され、サハリンの訓練キャンプに到着した。地元紙「赤い灯台」が報道した。クリル地区と北クリル地区(パ…

大統領報道官 部分的動員100万人招集「疑惑」を否定 国後島では58人が招集され25人が軍に送られた

ロシア大統領府のドミトリー・ペスコフ報道官は、部分的な動員の一環として最大 100 万人のロシア人を招集するという「疑惑」の計画に関する情報を否定した。21日、プーチン大統領は部分的動員を発表し、対応する政令に署名したが、それは 10 のパラグラフか…

択捉島ゴルノエ村 医療従事者のための専用車両配備

択捉島のかつての軍の町ゴルノエ村に医療従事者が往診などで使用する専用車両が配備された。ゴルノエ村には約400人が暮らしているが、地元の診療所には専用の交通手段がなく、医師など医療従事者は徒歩で患者のもとに行き、薬を届けなければならなかった。国…

ブーチン大統領の部分動員で国後島から58人が召集 うち25人が今夜サハリンへ出発

プーチン大統領が表明した部分的な動員令によって、国後島と色丹島、歯舞群島を管轄する南クリル地区では、国後島の住民 58 人が軍事委員会に召喚され、南クリル中等学校の体育館で健康診断が行われた。南クリル地区中央病院の医師、外科医、耳鼻咽喉科医、…

国後島 ヒグマに遭遇した観光客「カチューシャ」を歌って撃退

国後島を訪れている観光ツアーの一行が山中でヒグマに出くわした。SNSに投稿されたビデオを見ると、一行はパニックに陥ることもなく、プレデターと遭遇した時に推奨されるあらゆる手段を試みた。最初に笛を吹いてみたが、ヒグマは観光客に向かってステップを…

国後島・古釜布 汚される「勝利広場」飼い主、放し飼いの牛馬の糞尿放置

国後島ユジノクリリスク(古釜布)にある勝利広場が、放し飼いの牛や馬が残した糞で汚されている。サフコム通信の特派員は9月8日夕方、勝利広場にいる牛を目撃してから5日間続けて遭遇した。一部の飼い主は、家畜を勝利広場に連れて行き、放し飼いにしている。…

国後島・古釜布 コンテナ倉庫からストーブやホイールを盗んだ男を逮捕

国後島のロシア内務省当局は、51歳の地元の男を窃盗の疑いで逮捕した。20日、70歳の地元住民から、自分が所有するコンテナから灯油ストーブや合板、タイヤのホイールなど3万2,000ルーブル相当が盗まれたと届けがあった。警察が捜査したところ、盗難に関与し…

色丹島・穴澗在住の37歳男 知人の形態電話の銀行アプリを利用、3万5,000ルーブル盗む

国後島のロシア内務省調査当局は知人から譲り受けた携帯電話に残されていた銀行アプリを使用して、口座から3万5,000ルーブル以上を盗んだ色丹島クラボザボツコエ村(穴澗)在住の37歳の男を逮捕し、刑事訴追のための捜査を終了した。容疑者は7月初旬、自分の携…

択捉島ヤンキト高原で1万3,000年前の住居跡 六角形の半地下住居に暖房システム「カン」

択捉島クリリスク(紗那)郊外のヤンキト高原で発掘調査を行っているサハリン考古学調査団は、1万3,000年前に古代人が住んでいた半地下式の竪穴住居跡10カ所を発見した。そのうち最大の2つは、六角形で高度な暖房システムを備えていたと発表した。調査団の団長…

色丹島・斜古丹 真夜中の2時にサイレン鳴り響く 当局「技術的問題が発生」と説明

色丹島マロクリリスコエ村(斜古丹)で、20日午前2時にサイレンが鳴り響いた。たたき起こされた住民は「津波か」「火山噴火か」「豪雨か」と心配したが、行政当局は「大雨と暴風の影響で、技術的な問題が生じた」と説明した。前日、色丹島には暴風警報が発令さ…

ロシア教育科学省 「北方四島を含む千島列島を忘れた」地図の誤りを修正 

ロシア教育科学省は同省が主催するイベントのPR用地図にクリル諸島(北方四島を含む千島列島)がすっぽり抜け落ちた地図を使用し、批判を受けたことを受け、ウエブサイトに新しい地図を掲載し訂正した。サフコム通信の指摘に対して同省は数日間、反応を示さな…

択捉島の留別墓地 2022年8月31日の写真

サハリンのテレビ「astv.ru」のウエブサイトのブログ記事の中で択捉島の留別墓地の写真が掲載されていました。撮影の日付は2022年8月31日とあります。留別墓地を日本人が訪れたのは2019年8月の航空機を使用した墓参が最後です。写真を見る限り、標柱も慰霊碑…

択捉島沿岸 ザトウクジラが漁船と戯れる

択捉島の近海で漁をしていたクリル諸島南部(北方四島)の漁師たちが巨大なザトウクジラに遭遇した。事故を恐れた漁師がすぐに漁をやめて釣り竿を引き上げると、クジラは漁船にすり寄り、お腹を見せたり、潮を噴き上げるなどして漁師を楽しませた。間近で動画…

択捉島 観光客が動画撮影のためにドローンで上空から「ヒグマ狩り」

択捉島では島外から訪れている観光客がドローンを使って上空からヒグマを追い立てるように動画撮影を行い、問題になっている。択捉島ツアーで太平洋側へ向かう途中、観光客がヒグマの「写真狩り」を行った。SNSに投稿された動画には、ドローンにおびえたヒグ…

またしても千島列島が地図から消された ロシア教育科学省主催のイベント

ロシア教育科学省が主催するイベント「ロシア人民のワルツ」をPRする垂れ幕にはロシア地図がデザインされているが、またしてもクリル諸島(北方四島を含む千島列島)がすっぽり抜け落ちている。先ごろロシア下院議員が、クリル諸島をロシア領と表記していない…

北方四島の共同経済活動、単独事業化へ動くロシア 続く制裁、実現は見通せず

ロシア政府が、日本と検討を進めていた北方四島の共同経済活動を、自国事業に置き換える動きを進めている。今月上旬に極東ウラジオストクで開かれた東方経済フォーラムでは、優先事業の一つだった海産物養殖の事業化を決定。ウクライナ侵攻を巡り対立する日…

北方四島への「ビザなし渡航」禁止は当然--「ロシア領であり、そこで日本人がすることは何もない」--サハリンのテレビ局が街頭で調査

ロシア人と日本人のビザなし渡航を廃止したことについてどう思うか-- ASTVテレビは街頭でサハリンの人々に尋ねた。「日本人の南クリル諸島(北方四島)訪問を禁止すべきではなかった」と回答した人は1人だけだった。その女性は「経済状況の観点から、それは正…

色丹島・斜古丹にロシア正教会の寺院新築  2025年完成予定

色丹島マロクリリスコエ村(斜古丹)にロシア正教会の寺院が新築される。計画では、寺院に加えて教育センターと司祭の住居が建てられる。モスクワ総主教ティーホンの没後 100 周年にあたる2025年に完成予定。建設には、マロクリリスコエにある極東・サハリンで…

色丹島・斜古丹 中学校で国歌演奏し国旗掲揚 愛国教育で特別講話も義務化

9月1日からロシア国内の学校でロシア国旗の掲揚と国歌が義務付けられたことを受け、色丹島のマロクリリスコエ村(斜古丹)の中等学校では12日月曜日の授業開始前に、国歌が演奏される中、学校正面玄関に国旗が掲揚された。その後、10年生と11年生(※高校生)を対…