北方領土の話題と最新事情

北方領土の今を伝えるニュースや島の最新事情などを紹介しています。

エトセトラ

今シーズン最後の遺骨収集でソ連兵の遺体発掘 9月には日本兵の遺骨の断片も発見

1945年8月の日本軍との戦闘で戦死した兵士の遺骨などを収集しているサハリンの「捜索運動」による今シーズン最後の発掘調査がスミルヌイフ地区で行われている。10月26日には金属探知機によって地中に埋まっていたソ連兵のヘルメットを発見。さらに掘り進め、…

ユジノサハリンスク市民が選んだ、日露の協力プロジェクト:新しいまちづくりに期待

北海道の真上にあるサハリン州の州都、ユジノサハリンスクではこのほど、住民投票によって、地区の再開発に伴うまちづくりプロジェクトが選定された。複数の候補の中から、第4小地区の再開発は、日本の総合設計事務所・日建設計とロシアの「ダック」社とのコ…

カムチャツカの環境汚染の原因は何なのか?

ロシア最東端のカムチャツカ半島で海洋汚染の疑いが出ている。ソーシャルネットワークでは、太平洋沿岸で、海洋生物の死骸を映した写真が投稿され、地元のサーファーたちは吐き気と角膜の痛みを訴えている。(ロシア・ビヨンド2020/10/6) 9月半ば、カムチャツ…

ロシア 東京との航空路線を再開 ユジノ-札幌は未定

ロシアは11月1日から日本、セルビア、キューバへのフライトを再開する。新型コロナウイルス対策本部が発表した。当面、モスクワ-東京が週2便、ウラジオストク-東京が週1便。どの航空会社が運航するかは決まっていない。ユジノサハリンスクから日本への直行便…

日本人技術者の建設によるサハリン観光スポットのアニワ岬の灯台改修のため訪問禁止に

人気の観光スポットでサハリン州のシンボルの1つでもあるアニワ岬(中知床岬)の灯台が近い将来改修のため閉鎖される。作業実施時には旅行者の灯台へのアクセスは禁止される。同州のヴァレリー・リマレンコ知事が発表した。(スプートニク日本2020/10/12) htt…

専門家:カムチャツカ海洋生物の大量死骸、原因は有毒藻類か

カムチャツカ半島アバチャ湾で海洋生物の大量死骸が発見された件で、生態系異常の主な原因として有毒藻類の可能性を見ているという。ロシア科学アカデミー極東管区火山・地震学研究所のアレクセイ・オゼロフ所長が見解を述べた。 (スプートニク日本2020/10/1…

北クリルのパラムシル島住民、カムチャツカの「海洋汚染」の影響を心配

クリル諸島北部のパラムシル島(幌筵島)の住民は、島の北部の海岸で貝や軟体生物の死骸を発見した。住民はカムチャツカ地方の「海洋汚染」と関連があるのではないかと恐れている。当局は、これまでのところセベロクリリスクの海水サンプルから汚染物質は検出…

汚染エリアが南下、千島列島へ向かう可能性も カムチャツカ海域の汚染物質レベル11倍に上昇

カムチャツカ地方沿岸の原因不明の海洋汚染を調査するため現地入りした極東連邦大学(FEFU)の研究者たちが、長さ40km、幅30~100mの範囲にわたり海面が濃い緑色に変色しているのを発見した。「それ(汚染)は、濃い緑色に濁って見え、異常な泡が確認された…

戦争、零下30℃のロシアの酷寒、そしてシベリア鉄道での長旅… ソ連軍の捕虜になった日本人兵士の物語

18歳で前線に赴き、捕虜となり、祖国から数千キロ離れた場所に送られながらも、人を信じつづけ、希望を持ち続ける。戦争映画のシナリオのような出来事を実際に体験したのが木内信夫さん。ソ連軍捕虜として苦労しながら、木内さんは日本に帰国し、自身の経験…

パラムシル島 日向ぼっこのアザラシと夕食を加えたオコジョ

北クリルのパラムシル島在住のヴィタリー・クズメンコは野生動物が大好きなフリーライター。サハリン・クリル通信に定期的に写真と記事を送ってくれる。今回は穏やかなウテスナヤ湾でのんびり日向ぼっこをするアザラシたちと夕食のネズミを加えたオコジョの…

カムチャツカ海洋汚染 北クリルのパラムシル島でも海洋生物の死体 政府が海水サンプルを調査

先週末、北クリルのパラムシル島の海岸にタコなどの海洋生物の死骸が多数打ち上げられた問題で、ロスポトレブナソール(連邦消費者権利保護及び福祉監督局)の専門家が海水のサンプルを採取した。隣接するカムチャツカ半島の海岸では、10月初旬、おびただしい…

サハリン鉄道 日本規格の線路(狭軌1067ミリ)でラストラン 1カ月以内に全線広軌へ移行

サハリン鉄道の中で、日本統治時代に造られた狭軌(1067ミリ)区間として唯一残っていたホルムスク--ニコライチュク間(8km)を9月30日、最後の列車が走り抜けた。ロシア規格の新しい広軌(1520ミリ)が1カ月以内に敷設され、全線が広軌に切り替わる。狭軌の線路を…

エサを求めて住宅街に現れたクマを射殺 パラムシル島セベロクリリスク

北クリルのパラムシル島(幌筵島)セベロクリリスクの市街地を歩き回っていた大きなクマが射殺された。9月30日午後11時ころ、住民からクマがうろついていると林業局に通報があった。林業検査官と警察官らが現場に駆け付けると、推定5-6歳とみられる大型のクマ…

河野大臣のマスクに注目!! エリカちゃん、きらり

根室市納沙布岬から北方領土を視察した河野大臣のマスクに注目。北方領土のイメージキャラクター「エリカちゃん」がさりげなく、でもしっかりと存在感をアピールしていました。エリカちゃんマスクは根室市が啓発用グッズとして作成したものです。

豪華クルーズ船がパラムシル島に停泊

新型コロナウイルス感染拡大の中、極東では今シーズン初めてとなるクルーズ船が北クリルのパラムシル島セベロクリリスク沖に停泊した。モスクワの旅行会社がフランス・ポナン社の「ル・ボレアル」を使用、ロシア人観光客100人が乗船している。9月19日、ロシ…

新型コロナ感染者5,000人超え サハリン州

サハリン州の新型コロナウイルス感染者が5,000人を超えた。9月18日は新たに32例が確認され、累計患者数は5,174人となった。このうち3,574人が回復し、1,600人が治療を受けている。(astv.ru2020/9/18)

パラムシル島の漁師 カムチャツカの国境警備隊がサケ漁を妨害と訴え 背景にカムチャツカとサハリンの対立

サハリン州の漁業関係者会議で、業界の代表者が近年、カムチャツカとパラムシル島海域を管轄するFSB国境管理局からサハリンやクリルの漁船が不当な圧力を受けていると訴えた。(サハリンとパラムシル島以外の海域は別のFSB組織が担当している)サハリン州水産…

占守島のハチ公 実は灯台守と暮らしていた

飼い主を待つシュムシュ島(占守島)のハチ公のニュースを知って、サハリンの動物愛護団体から犬を引き取りたいと申し出があったが、どうやらそれは必要ないようだ。ハチ公は、シュムシュ島のチブリニー岬の灯台守と暮らしていることが分かった。犬は漁師や観…

占守島のハチ公 1カ月以上も海岸で飼い主を待つ犬

北クリルのパラムシル島セベロクリリスクの住民は、無人島のシュムシュ島(占守島)の海岸で1カ月以上も座っている犬の運命を心配している。犬には首輪がついており、住民は「ハチ公のように、飼い主が迎えに来るのを待っているようだ」と話している。犬が初め…

日露戦争ロシア人捕虜の貴重写真 まさかの大量発見:現代の修復技術で展覧会開催

モスクワから東へ特急で4時間ほど行くと、繊維産業が盛んなイワノヴォという町がある。その中心部、イワノヴォ州歴史郷土博物館に属する産業芸術博物館で、日露戦争をテーマにした特別展が開幕した。なんとこの展覧会には、2012年に発見され、これまで公開さ…

大戦終結75周年を記念 サハリンのアニワ灯台(中知床灯台)を点灯

ウラジォストクの住民たちが第二次大戦終結75周年を記念して、2007年に廃止されたサハリン南部のアニワ灯台に再び灯りをともした。灯台は1939年、日本人設計者の三浦忍の作品(※歯舞群島の貝殻島灯台も設計した)。アニワ岬(中知床岬)のシブチャと呼ばれる岩の…

サハリン、今後10年でガソリンとディーゼルの使用中止へ

サハリン州のリマレンコ知事は、サハリン州は自動車をより地球環境にやさしいものにするため、ガソリンおよびディーゼルの使用を完全に中止する計画であることを明らかにした。 知事は「サハリン州は、今後10年かけてガソリンとディーゼルの使用を完全に中止…

北クリルのアライド火山を調査 珍しいカタツムリ持ち帰る

ロシア科学アカデミー極東支部火山地震研究所の科学者が北クリルのアトラソフ島(阿頼度島)にあるアライド火山を調査で訪れ、何度もの噴火から生き延びたカタツムリのほか、岩石のデータを持ち帰った。調査は今年8月、科学者のレオニード・アニキン氏とウラジ…

新型コロナ感染者 サハリンで4000人超える

サハリン州では8月24日現在で新型コロナウイルスの感染者数が4,096人となった。このうち2,505人が回復して退院し、1,591人が治療を受けている。(astv.ru2020/8/24)

北クリルの短い夏が終わる--パラムシル島

https://skr.su/uploaded/ee/0a/60/f9588d37201643ecdf19d39579.mp4 https://skr.su/uploaded/64/e4/46/bb596ba302354318c9933b04e5.mp4 短い夏の終わりを迎えた北クリル。1週間もすると、もう秋が始まるパラムシル島(幌筵島)から可愛いマーモット親子と子ギ…

「ガーリャに会いたい」-子供時代をサハリンで過ごした日本女性がロシアの友達を捜している

子供時代をサハリンで過ごした秋田市在住の日本人女性がエッセイを出版し、友達になったロシアの女の子「ガーリャ」を捜している。inosmi.ruが「毎日新聞」の記事を翻訳した。(astv.ru 2020/8/24) 第二次世界大戦末期に旧ソビエト連邦軍が南樺太に侵攻してき…

パラムシル島の旧日本軍地下壕ビデオの投稿者に賞金 月間最高視聴回数を記録

サハリン・クリル通信の投稿ビデオコンテストで、パラムシル島セベロクリリスク在住の男性が投稿した「戦前の日本軍の地下壕」が最も多い視聴回数を記録し、最高の情報提供者として賞金5,000ルーブルが贈られた。(サハリン・クリル通信2020/8/21) https://sk…

サハリン 国境線を越えた赤軍 75年前の半田沢警察署の戦いを再現

75年前の8月11日、サハリン50度線の国境を超えたソ連軍と日本軍の最初の激戦地となった半田沢警察署の戦いが30日に現地(スミルヌイフ地区ロシーノ村)で開かれる全ロシア青年愛国集会「オストロバ--2020」の中で、忠実に再現される。当時の半田沢警察署は機銃…

サハリン カラフトマスの漁獲量、過去10年で最悪

サハリン州ではカラフトマスの漁獲量が過去10年で最低となっている。カラフトマスは奇数年、偶数年で好不漁を繰り返す傾向にあるが、不漁年にあたる偶数年の2020年は8月11日現在で0.77万トン。2010年の同時期には3.1万トン、2012年4.9万トン、2016年3.1万ト…

アライドがパラムシル島に新工場開設 冷凍フィレや魚粉などを生産

北クリルのパラムシル島(幌筵島)に新しい水産加工施設が開設された。アライドのセベロクリリスク工場はタラ、オヒョウ、カレイ、コマイなど1日あたり150トンを処理し、フィレなどの冷凍製品を生産する。生産ラインはドイツの有名な魚体処理設備メーカー・バ…