北方領土の話題と最新事情

北方領土の今を伝えるニュースや島の最新事情などを紹介しています。

この1年で元島民111人が他界した

釧路新聞「諸感雑感」(2021年4月9日掲載)

 歯舞群島多楽島出身の元島民、東狐貢さんが今年2月に亡くなった。90歳だった。

東狐さんに初めて会ったのは十数年前のこと。千島連盟根室支部の懇親会で、東狐さんは継ぎはぎの綿入れのような着物で登場し「北国の春」を歌った。その着物が気になって、携帯カメラで写真を撮ったのを覚えている。

 ボロ布のパッチワークのような着物が「どんざ」だった。昭和の初め頃まで漁師が着た作業着である。寒さや降りかかる潮から体を守るため、端切れを何枚も重ね、刺し子にした丈夫な着物だ。

 東狐さんの祖父は1909年(明治42)に富山県から多楽島に渡り、昆布漁で生計をたてた。祖父がその「どんざ」を着て昆布採りをする姿が幼い東狐さんの記憶に焼き付いている。領土関係の催しがあると、祖父の代から100年受け継いだ一張羅の「どんざ」を着て参加するようになった。

 葬儀には、島の幼馴染も参列した。人懐こい笑顔の遺影とともに、汗と涙と昆布の香りがしみ込んだ「どんざ」が祭壇の脇に掛けられていた。それは主をなくし、どこか所在なげにも見えた。

 千島連盟が今年3月末時点でまとめた「元居住者の状況」によると、元島民は5,660人で、平均年齢は前の年より1歳上がって86歳になった。領土問題で進展がなく、コロナ禍でビザなし渡航がすべて中止となったこの1年--。元島民111人がそれぞれの思いを抱えながら、他界した。(国後島元島民2世)

f:id:moto-tomin2sei:20210418090922j:plain

 

北方四島航路の新造船「「ネベルスキー提督」号が台湾海峡通過、間もなくサハリン到着

北方四島航路に就航する新造船「ネベルスキー提督」号は台湾海峡を通過し、間もなくサハリンに到着する。サンクトペテルブルクの造船所で建造された「提督」号は、幸運にもスエズ運河の渋滞が始まる数日前に通過し、航海を続けている。サハリン(コルサコフ)—国後島色丹島択捉島間で週2回運航される予定。現在、この航路で運航しているのは1990年代に建造された「ファルフトジノフ」号1隻だけ。サンクトペテルブルクの造船所では姉妹船の「パベル・レオ―ノフ」号の海上公試が行われており、終了次第サハリンに向かう。(astv.ru 2021/4/17)

f:id:moto-tomin2sei:20210418083253j:plain

f:id:moto-tomin2sei:20210418083314j:plain

 

国後島・古釜布 港内に捨てられた大量の水産廃棄物が悪臭を放つ

国後島ユジノクリリスク(古釜布)港内で、加工処理された後に残った魚の内臓などが海に廃棄され、悪臭を放っている。映像をSNSに投稿した人は「生態学的災害だ。私たちはこの状況と戦わなければならない」と書き込んだ。映像によると、魚の骨や皮、内臓のほか藻類などが大量に捨てられており、海面を覆っている。カモメが廃棄物の中から食べられそうなものを捜している。南クリル地区のゴミレフスキー市長は「廃棄物はすべて明日取り除かれる。私たちは状況を把握している。明日、犯人を特定する」と述べた。市長によると、この状況は、港内で稼働している南クリルルイブコンビナートの設備の問題に関連しているという。水産加工場の代表からのコメントは出されていない。(サハリン・インフォ20201/4/17ほか)

https://youtu.be/wulVVZAHzF0?t=7

https://skr.su/uploaded/1c/69/65/8beca7aa36729c89d3ce117fe8.mp4

f:id:moto-tomin2sei:20210418081332j:plain

f:id:moto-tomin2sei:20210418081342j:plain

f:id:moto-tomin2sei:20210418081357j:plain

 

6月から制限解除へ 択捉島は665人がワクチン2回接種完了 

新型コロナウイルスのワクチン接種が進む択捉島では、クリリスク(紗那)の地区中央病院だけでなく、医師が企業などを訪問して接種を行う取り組みを始めている。以前は移動が制限された人々だけに行っていたが、取り組みを拡大する。雇用主が地区中央病院に電話で申請する必要がある。これに伴い、13日には行政府の13人の職員が医師の訪問を受けてワクチンを接種した。ある職員は「制限なく国内を移動するためにワクチンを接種した。3日間だけ特定の制限を守る必要があるが痛みはなかった。予防接種を恐れることはない」と話した。サハリン州知事は6月1日からすべての規制を解除すると発表した。人々はどこへでも移動することができることを意味する。イベントでも会合でも制限なく参加できる。クリル地区のオルガ・マツヴィシク副市長は「安心で快適な暮らしのためには、より多くの住民が予防接種を受ける必要がある。そうすれば択捉島で次の波が来る可能性は低くなる」と強調する。4月14日現在で936人の住民がスプートニクⅤを接種し、このうち665人は2回の接種を終えている。そのうち182人は60歳以上の住民だ。(択捉島の新聞「赤い灯台」2021/4/15)

f:id:moto-tomin2sei:20210417121950j:plain

f:id:moto-tomin2sei:20210417122001j:plain

 

国後島 行方不明の釣り人の捜索を再開

サハリン州の緊急事態省は、4月11日に国後島ストルブチャティ岬(材木岩)で釣りをしていて海に流された44歳の男性の捜索を再開した。捜索は天候の悪化により4月13日に中断された。緊急事態省は16日、ペルヴキン湾からスピリドノフ岬までの海岸線を徒歩で調査した。また別の救助チームがペルヴキン湾からアリョーヒン(古丹消)の海岸を捜索したが、発見できなかった。捜索は地元の緊急事態省の救助隊と警察官によって行われており、明日も続けられる。(サハリン・クリル通信2021/4/17)

f:id:moto-tomin2sei:20210417100040j:plain

ペルヴキン湾とスピリドノフ岬

 

 

新造船「パベル・レオーノフ」号が最終試験航海 5月から四島航路に就航

サンクトペテルブルクネフスキー造船所によると、サハリン—北方四島航路に就航する予定の貨客船「パベル・レオーノフ」号はラドガ湖での海上公試を開始した。「テストは1週間続く。引き渡しチームは船の乗組員と協力し、すべてのシステムとメカニズムのチェック、クレーンのテスト、フェリーの操縦性のチェックを行う」と話している。1960年から1978年までサハリン州を統治したソビエトの政治家パベル・レオーノフにちなんで名付けられた。一足先にサハリンに向かっている「ネベルスキー提督」号の姉妹船で、5月からサハリン—国後島色丹島択捉島航路に就航する。定員は146人でコンテナを積載し、サハリン—四島間の乗客と貨物の輸送量は3倍になると期待される。(サハリン・クリル通信2021/4/17)

f:id:moto-tomin2sei:20210417093018j:plain

f:id:moto-tomin2sei:20210417093025j:plain

f:id:moto-tomin2sei:20210417093033j:plain

 

国後島・古釜布で観光会議 羅臼山の噴気孔への遊歩道整備など決める

国後島ユジノクリリスク(古釜布)の南クリル地区行政府で16日、国後島色丹島の観光振興を話し合う会議が開かれた。ゴミレフスキー市長、サボチキナ副市長をはじめクリル自然保護区、ホテルや交通機関の代表者や起業家らが出席した。この中で、昨年2020年には国後島色丹島に国内外から1,500人の観光客が訪れたと報告された。会議では、国後島を訪れる観光客に特に人気のあるストルボフスカヤ・トレイル、ゴロブニン火山(泊山)のカルデラ展望台(ユジノクリリスクからゴロブニノ(泊)方向へ43km)、メンデレーエフ火山(羅臼山)の3つの自然エリアの状況について話し合った。メンデレーエフ火山の北西部にある噴気孔につながる遊歩道を敷設することが決定された。工事は5月末までに完了する。ロシア国民の南クリル諸島(北方四島)への関心は高いとされ、択捉島で計画されているリゾート構想が実現した場合、隣接する国後島にも波及効果が期待されるが、宿泊施設の不足や観光道路の整備などインフラ整備が課題となっている。(kurilnews.ru 2021/4/16)

f:id:moto-tomin2sei:20210417091300j:plain