北方領土の話題と最新事情

北方領土の今を伝えるニュースや島の最新事情などを紹介しています。

戦後77年 北方領土とのビザなし交流が始まり30年…中断が続き、元島民「もう行く力はありません」

 テレビやネットで、ロシアのウクライナ侵攻=戦争の映像を毎日、目にするようになりましたが、夏に向けて、新たなシリーズ「戦後77年」を立ち上げることにしました。1回目のテーマは「北方領土問題」です。(HBC北海道放送2022/5/19)

 パソコンの画面に参加者の顔が並びます。

元島民3世 久保歩夢さん(17)

「元島民がいなくなってしまうと早期の北方領土返還からは遠ざかってしまうでしょう」

 根室に住む、高校3年生の久保歩夢さん。祖父は、北方領土の元島民です。

 この日、竹島をめぐり、同じ領土問題を抱える島根県隠岐の島町のオンライン講座に参加しました。

 元島民3世・久保歩夢さん(17)

「僕はビザなし訪問に行った時にロシア人と実際に話した。大きくて一見怖いと思うかもしれないが、実は彼らは同い年で全然怖くなくて、かなり優しくて一緒にいて楽しかった。気さくで話しやすい。彼らから島を奪い、同じ思いをしてほしくない」

 歩夢さんは3年前、ビザなし交流で択捉島を訪れたことをきっかけに北方領土に関心を持つようになりました。

 国後島出身、祖父の幸雄さんです。

国後島出身 久保幸雄さん(87)

「もし島が返ってきたらどうする」

元島民3世 久保歩夢さん(17)

「まずはじめに国後島に行って、じいちゃんが住んでいたところに行きたい。俺も最初、択捉島に行くまで北方領土問題についてあまり深く関わろうとは思っていなかった。実際に行ったら気持ちが変わった」

 



 祖父の幸雄さんは、8歳の時に病気で視力を失いましたが、国後島の風景は、今も鮮やかに覚えています。

国後島出身 久保幸雄さん(87)

「魚のいっぱい見えるところで遊ばせたいし見せたいと思うな…きれいな海だから」

歩夢さん

「何色だった?」

幸雄さん

「透き通っていた。魚が泳いでいるのが見えた」

 幸雄さんが10歳だった1945年、「日ソ中立条約」破棄して千島列島に攻め込んだソビエト軍

 日本が無条件降伏した8月15日以降も侵攻を続け、久保さん一家が暮らす国後島にも現われました。

国後島出身 久保幸雄さん(87)

「(8月)15日が敗戦ですから、そのあと8月の末頃にソ連軍が入ってきた。ちょうどそれがうちの前に停まった、船がだんだん近づいてくると言葉が違う。これは日本の船じゃないぞということで、いとこと慌てて海岸からうちまで50、60メートルあって、慌てて飛び込んで行って、裏の草原まで家族で逃げました」

 あれから77年、ロシアによる不法占拠は、今も続いています。

 (91年の)ゴルバチョフ大統領の来日をきっかけに枠組みが決まった「ビザなし交流」。

 翌年(92年)、四島から19人のロシア訪問団が根室に到着。

 時は、ソビエト連崩壊直後の経済の混乱期で、「10年ぐらいで領土問題は、解決するのでは」との声もありました。

 あの日から「ビザなし交流」は、今年で30年。

 去年、おととしは、新型コロナの影響で全面中止。

 そして、今年は、ロシアのウクライナ侵攻に対して日本が科した制裁の報復で、中断を余儀なくされています。

国後島出身 久保幸雄さん(87)

「残念なことだと思う。行ってみたいし、墓参のこともある(ビザなしが再開されたら国後に行きたい?)私はいまはそういう気はありません。もう諦めていますから。体力もありませんし、行く力はありません。若い者に任せるほかないなと思っています」

 根室の海岸。戦前の国後島とのつながりを伝える建物が、今も残っています。

 根室市ハッタラ浜に残る「旧国後島海底ケーブル通信所」。終戦直後まで、根室国後島を結んでいた通信海底ケーブルの陸揚げ庫です。

 歩夢さんの父、島民2世の浩昭さんは、長年、この陸揚げ庫の保存活動を続け、国の文化財登録に尽力してきました。

 50代半ばを迎え、領土問題の解決には、返還運動を若い世代に継承していくことが不可欠と考えています。

元島民2世 久保浩昭さん(54)

「領土問題はここで終わってほしいですけど、まだまだ続く可能性がある。うちの息子をはじめ、若い人たちに啓発していくのが非常に大事だと思う」

元島民3世・久保歩夢さん(17)

「実際に北方領土のことを知ると、北方領土について話しやすくなったり考える機会も多くなったりするので、少しでも北方領土で学んだことを次世代に語り継げればなと思います」

 戦後77年。元島民たちは、近くて遠い故郷が、いつか必ず返ってくると信じています。

国後島出身 久保幸雄さん(87)

「いまはこういう状態ですから、平和的に返還を求めたいけど、いずれ私たちの時代ではないですけど、北方領土は返るのではないかという希望を私は持っています」

 

南クリル地区行政府 幹部の2021年の所得公開 市長は 670万ルーブル

国後島色丹島歯舞群島を管轄する南クリル地区行政府はパベル・ゴミレフスキー市長ら幹部の2021年の所得に関する報告書を公表した。市長の所得は670万ルーブルで前年293万ルーブルから倍増。サハリン州議会副議長の父親より稼いだ。市長は土地1,000㎡と住宅500㎡、アパートやガレージを所有。全地形対応車やジェットスキー、トレーラーなどもある。妻の所得は437万ルーブル。アパートのほかレクサスRX300を所有している。ユーリ・ボルドフ副市長の所得は340万ルーブル。住宅、土地のほか三菱アウトランダーに乗っている。デニス・カン副市長は392万ルーブル、ナタリア・サボチキナ副市長は421万ルーブルトヨタ・ランドクルーザーを所有。色丹島の行政トップであるスヴェトラーナ・ドゥリーナ氏は、行政で最も多い1,281万の所得があった。住宅のほかマツダCX-5を所有。(サハリン・インフォ2022/5/20)

 

択捉島・トウロ沼 ベニザケが産卵する神秘の湖 地元ガイドがSNSで紹介

クリル諸島(千島列島)の美しい自然はいつも私たちを驚かせてくれる。択捉島のローカルガイド、ヴァシリーナさんが今回、SNSのテレグラムチャンネルで紹介したのは島の北部にあるソポチノエ湖(トウロ沼)だ。緑の丘陵に囲まれ、信じられないほどの美しさを持つ湖に、チャンネル登録者からは「めちゃくちゃ美しい」と驚嘆する投稿や「トトロ」や「ハウルの動く城」を引き合いに「日本のアニメ映画の舞台に出てきそう」とコメントが寄せられた。ヴァシリーナさんは「そこにたどり着くのは簡単ではありません。道路が整備されていないので、ジープで行くしかありません。ソポチノエ湖へ行くよう頼んでも、すべてのドライバーがOKするわけでもない難所。非常に珍しいベニザケが産卵する湖としても貴重な存在です」--。(サハリン・クリル通信2022/5/20)

ソポチノエ湖

馬蹄形、または「C」字型の湖。行き方は島の中心地クリリスク(紗那)からレイドヴォ(別飛)村(紗那から15 km)を経由して、海岸沿いの砂地を走り、ブラックロックス、ホワイトロックス(ビラ海岸)、パルスナヤ湾を抜け、旧日本陸軍の飛行場(37 km)を通って、トルノエ高原から下る曲がりくねった出口にある。レイドヴォ村近くのオーリャ湾から船で行くこともできる。陸路だとルートにもよるが3.5時間から5時間、海路は1~1.5時間。(ギドロストロイ・ツアーのウエブサイトより)

 

北方領土の元島民墓参にビザ要求示唆 ロシア外務省の日本担当局長

 ロシア外務省で日本を担当するアジア第3局長のニコライ・ノズドレフ氏が20日までに共同通信の書面インタビューに応じた。同氏は北方領土元島民の墓参を今後実施する場合は「いかなる特恵も手続きの簡素化も適用されない」と述べ、ビザ取得を求める考えを示唆した。日本政府は、ビザを取って北方四島を訪問すればロシアの主権を認めることになり受け入れられないとの立場で、元島民の墓参は再開のめどが立たなくなる恐れが出てきた。

 平和条約交渉についてノズドレフ氏は、ロシアは単なる平和条約ではなく、日本との平和と友好、総合的な善隣関係についての条約締結を目指してきたと説明。「公然とわが国に脅威を与える」国と、そのような文書の協議は不可能だと岸田政権を批判した。将来の交渉再開の可能性についての質問には直接答えず、「今の日本の反露的路線は長期的な対日関係に反映される」とし、再開に悲観的な見方を示した。(毎日新聞2022/5/21)

 

北方領土の空路墓参拒否か ロシア外務省

 ロシア外務省は20日、ビザなし渡航の枠組みで行ってきた元島民らの北方領土墓参を維持する一方、安倍晋三政権下で合意した航空機を使った墓参や出入域地点の増設については認めない考えを示唆した。ノズドレフ・アジア第3局長に対する共同通信社の書面インタビューを同日、ホームページで公開した。(北海道新聞2022/5/21)

 ロシア外務省は3月、ウクライナ侵攻に対して制裁を発動した日本政府への対抗措置として、元島民らが北方四島を訪れるビザなし交流と自由訪問を停止する方針を発表している。

 これに関連して、ノズドレフ氏は「人道的見地から1986年の政府間合意に基づく訪問の形式は維持されている」と述べ、墓参については停止していないとの認識を示した。

 ただ、墓参を再開した場合でも「他の2国間合意により導入された特典や手続きの簡略化は適用されない」と説明。墓参を巡っては、安倍氏が2016年12月のプーチン大統領との会談で拡充に合意し、従来のチャーター船ではなく空路による墓参や、北方四島への出入域手続きを行う地点が国後島沖だけでなく歯舞群島沖でも実現した。これらについて今後、認めない考えを示したとみられる。

 既に停止を発表している日本との平和条約締結交渉については「公然と非友好的態度でわが国に直接脅威を与える国と、この種の文書の協議ができなくなったのは明らかだ」と主張。再開の可能性について明言を避けた。(渡辺玲男)

 

北方領土返還運動の灯 富山で継ぐ

 入口には「次世代につなぐ返還運動の思い」と記されていた。

富山県黒部市に2020年9月、開設された「富山県北方領土史料室」。道外で自治体が運営する唯一の北方領土問題啓発の専用施設だ。

 「ロシアのウクライナ侵攻があってもなくても、返還運動が長い道のりなのは変わらない。北方領土問題を伝えていくしかない」。

 元島民でつくる千島歯舞諸島居住者連盟(千島連盟)富山支部の濵松禎高支部長(65)は12日、史料室を案内しながら語った。

 富山の漁業者の多くは戦前、好漁場だった北方四島に出稼ぎに向かった。終戦後、北海道に次いで多い1425人が引き揚げ、黒部は県内最多の835人に上る。

 濵松さんは母が歯舞群島水晶島出身の元島民2世。史料室に並ぶ富山と北海道の関わりや北方領土のライブ映像が見えるディスプレー、根室市から寄贈された四島のジオラマなどは、濵松さんが展示を決めた。(北海道新聞2022/5/21)

 

国後島西岸で男性1人の遺体発見 ロシア側から連絡

日本の海上保安庁によると、5月19日、知床半島沖で沈没した観光船の乗客とみられる男性の遺体が国後島の西海岸で発見された。ロシア側捜査機関は、外交ルートを通じて行方不明者の情報を要求しており、一致した場合は遺体を引き渡す。(astv.ru 2022/5/20)

国後島の西海岸にあるニキショロ湖。奥右手に古釜布の街が見える(2020年10月の上空慰霊で)

国後で発見の遺体は男性 知床・観光船事故

(北海道新聞2022/5/20)

 日ロ外交筋によると、ロシア側が北方領土国後島沿岸で見つけたと19日に日本側に伝えた遺体は男性で、着衣から日本の運転免許証が見つかった。

 松野博一官房長官は20日午前の記者会見で「ロシア側から19日、新たに国後島西岸で遺体を発見し、(カズワンの)行方不明者の可能性があると情報提供があった。海上保安庁が乗船者の家族に説明した」と述べた。

 日ロ外交筋の情報では、男性の遺体が見つかったのは6日に女性の遺体が発見された地点から北に約3キロ。着用しているズボンのポケットから運転免許証入りの財布がみつかった。日本政府は男女の身元特定に向け外交ルートを通じて情報収集を進めている。