北方領土の話題と最新事情

北方領土の今を伝えるニュースや島の最新事情などを紹介しています。

北クリル・占守島で6人の赤軍兵士の遺体発見 捜索は戦死したすべての兵士が見つかるまで続く

北クリルのシュムシュ島(占守島)で行われた日本軍との戦闘で戦死したり消息不明になったソ連兵の遺骨収集を行っているサハリン「捜索エンジン」の活動が終了し、6人の赤軍兵士の遺体を発見した。捜索隊は12日滞在。捜索は北部の斜面や日本軍の戦車隊とソ連軍の部隊が戦ったエリアを中心に行われた。7月20日は、セルナヤ記念碑から200mにある日本軍の塹壕跡からソ連兵のヘルメットや軍靴が発見された。さらに周辺を掘り進めると6人の遺体が見つかった。2人はうつ伏せ状態で、4人は仰向けになっていた。アメリカから「レンドリース」で提供されたブーツを履いていた。1人はヘルメットをかぶっていた。マキシム機関銃の銃身や装備品に混じって、1945年の赤軍新聞「祖国の忠実な息子」も見つかった。犠牲者は重機関銃の隊員だった。兵士の1人は「ヴァーニャを偲んで」と書かれたペンナイフを持っていた。5の人の兵士が防毒マスクを着用していた。ヘルメットをかぶった兵士は管楽器のマウスピースを所持していた。調査の結果、1928年生まれヴァシリー・チュメンツェフと判明した。音楽小隊所属のミュージシャンだった。カムチャツカ地方の生まれで、1945年8月18日、シュムシュ島の戦闘で消息不明となった。捜索エンジンは遺族を捜し始めた。今回の捜索では、ライフルや機関銃、シャベル、防毒マスクなど多数の遺品か見つかった。遺品は北クリル博物館に移送され、後日大規模な展示会が開かれる。捜索隊はかつて日本軍の飛行場があった片岡を訪れた。近くにはピストンエンジンの飛行機の残骸、日本軍の戦闘機の部品、アメリカ製のP-63キングコブラが残っている。レンドリースでソ連軍に貸与されたキングコブラの残骸は、悪質な収集家や島を訪れる観光客によって持ち去られ、売られている。すべての断片を集めれば1機や2機なら復元できる。「これは我々の歴史であり、保存する必要がある」と捜索にあたる活動家は嘆く。発見された6人の遺体は対日戦勝記念日の9月3日、セベロクリリスクの軍事記念碑で安らぎを見つけるだろう。シュムシュ島での捜索は、戦死したすべての兵士が見つかるまで続く。これまでの7年間に赤軍兵士122人が発見され、このうち9人の身元が特定された。(サハリン・インフォ2021/8/3)

f:id:moto-tomin2sei:20210803132647j:plain

f:id:moto-tomin2sei:20210803161623j:plain

f:id:moto-tomin2sei:20210803161644j:plain

f:id:moto-tomin2sei:20210803132447j:plain

f:id:moto-tomin2sei:20210803132732j:plain

f:id:moto-tomin2sei:20210803132803j:plain
f:id:moto-tomin2sei:20210803132849j:plain
f:id:moto-tomin2sei:20210803132904j:plain
f:id:moto-tomin2sei:20210803133028j:plain
f:id:moto-tomin2sei:20210803133046j:plain
f:id:moto-tomin2sei:20210803133104j:plain

f:id:moto-tomin2sei:20210803133155j:plain

f:id:moto-tomin2sei:20210803132933j:plain

f:id:moto-tomin2sei:20210803134443j:plain

f:id:moto-tomin2sei:20210803134452j:plain

f:id:moto-tomin2sei:20210803133313j:plain

f:id:moto-tomin2sei:20210803133257j:plain

f:id:moto-tomin2sei:20210803133224j:plain