北方領土の話題と最新事情

北方領土の今を伝えるニュースや島の最新事情などを紹介しています。

国後島・古釜布 郷土博物館で1950年代からの文化活動を振り返る写真展開催

文化労働者の日に合わせて、国後島ユジノクリリスク(古釜布)の南クリル郷土博物館で、1950年代から現在までの国後島色丹島における文化活動の歴史を振り返る写真展が開催されている。色丹島の最初の文化会館は1954年に捕鯨工場跡に開設された。当時、色丹島に6、国後島に1つあったサンマなどの缶詰工場には、毎年ロシア各地から学生や若者たちがやって来て6カ月間働いた。その中には才能のある若者がたくさんいて、島の文化活動に刺激を与えていた。1970年代から1980年代には、国後島色丹島の様々な文化サークルがウラジオストクハバロフスクユジノサハリンスクにでかけていってパフォーマンスを披露した。会場では、国後島色丹島の開発の歴史を紹介するビデオが上映された。(サハリン・インフォ2021/3/28)

f:id:moto-tomin2sei:20210329123951j:plain

国後島古釜布にあった映画館「チャイカ(カモメ)」(1970年代)

f:id:moto-tomin2sei:20210329124050j:plain

国後島古釜布にあった地区文化会館(1974年)

f:id:moto-tomin2sei:20210329124121j:plain

f:id:moto-tomin2sei:20210329124135j:plain

f:id:moto-tomin2sei:20210329124144j:plain

f:id:moto-tomin2sei:20210329124153j:plain

f:id:moto-tomin2sei:20210329124211j:plain

国後島古釜布にある現在の文化会館

f:id:moto-tomin2sei:20210329124235j:plain

色丹島穴澗の文化会館「祖国の朝」