北方領土の話題と最新事情

北方領土の今を伝えるニュースや島の最新事情などを紹介しています。

国際山岳デー 子供たちが国後島の活火山を学ぶ クリル自然保護区が出前講座

12月11日は国際山岳デー。国後島のクリル自然保護区はユジノクリリスク(古釜布)の中学校で国後島の火山について出前講座を行った。(クリル自然保護区ニュース2020/12/11)

〇…国後島は4つの活火山によって形成された3つのブロックで構成されている。北部はチャチャ(爺爺岳1819m)とルルイ(1485m)、中央部はメンデレーエフ(羅臼山887m)、南部はゴロブニーナ(泊山541m)。これらのブロックは南クリル地峡とセルノボド地峡によって隔てられている。チャチャ、ルルイ、ゴロブニーナは活発に活動しているが、すでに活動を終えたドクチャエフ(スミルノフ1189m、ウイリアムズ675m、ギドロイク766m)もある。

〇…チャチャは島で最大の成層火山で北東部にそびえる。過去のデータによると、1812年と1973年の2回噴火している。1973年の噴火は南クリル諸島(北方領土)で最大とみなされている。現在も弱いながらも噴気活動が続いている。ルルイはドクチャエフ海嶺の北端にあり、すでに活動を終えたスミルノフ火山に隣接しているが、噴火の記録は残されていない。西側では噴気活動が確認されている。ゴロブニーナは島の最南端の火山。カルデラの直径は10km以上あり、その中には5つのドームがある。北側には直径200m、深さ23mの沸騰するカルデラ湖(ポントウ湖)がある。北東部には面積約4.5㎡、深さ62mのゴリャチエ湖(一菱内湖)がある。

〇…一方、小クリル自然保護区の色丹島には火山はないが、トマリ(356m)、ノトロ(357m)、そして最高峰のシコタン(斜古丹山405m)の3つの山がある。

f:id:moto-tomin2sei:20201217140451j:plain

ルルイ火山(1485 m)島で最もアクセスしにくく、あまり研究されていない火山

f:id:moto-tomin2sei:20201217140618j:plain

北方四島の最高峰チャチャ

f:id:moto-tomin2sei:20201217140746j:plain

最南端の火山泊山

f:id:moto-tomin2sei:20201217140906j:plain

シコタン山(斜古丹山405m)は色丹島の最高峰

f:id:moto-tomin2sei:20201217141054j:plain

小クリル自然保護区にある色丹島のトマリ山(356m)

※標高はロシア側データ

f:id:moto-tomin2sei:20201217141240j:plain
f:id:moto-tomin2sei:20201217141227j:plain

f:id:moto-tomin2sei:20201217141202j:plain