北方領土の話題と最新事情

北方領土の今を伝えるニュースや島の最新事情などを紹介しています。

2021-08-11から1日間の記事一覧

国後島・古釜布湾 9月3日対日戦勝記念日に1945年8月の占守島上陸作戦を再現

第二次世界大戦の終結を祝う記念式典が9月3日に国後島と色丹島で開催される。国後島の会場はユジノクリリスク(古釜布)の解放兵士の記念碑前。11時からの式典に続き、ユジノクリリスカヤ湾(古釜布湾)を舞台に、1945年8月17日のシュムシュ島(占守島)上陸作戦を…

択捉島・紗那の郷土博物館がリニューアル 今年の入館者4000人超、前年を上回る

択捉島クリリスク(紗那)の郷土博物館の入館者が今年1月からこれまでに4,165人に達し、早くも前年の3,900人を上回った。同博物館では展示をリニューアル中で、さらに多くの注目を集めそうだ。リリア・パリィ館長によると、「択捉島のユニークな自然の特徴を明…

北方四島航路に就航する第2の新造フェリーがサハリンに向けて出発

北方四島航路に就航する2隻目の新造フェリー「パべル・レオーノフ」号が造船所のあるレニングラードからサハリンに向けて出発する。同船は1隻目の「ネベルスコイ提督」号と同様、クリル社会経済発展プログラム(2016-2025)に基づいて、ネフスキー造船所で建造…

ドーケルのはしけ乗組員が長時間労働 検察庁が摘発

ビザなし渡航の北方四島側窓口企業となっている国後島ユジノクリリスク(古釜布)にある「南クリル・ドーケル」が労働者の権利を侵害したとして摘発された。サハリン運輸検察庁の調査で、ドーケルが所有するはしけ「希望丸」と「友好丸」(※人道支援事業として…

ビザなし全面中止へ 2年連続 洋上慰霊を模索

政府は新型コロナウイルスの影響で中断している北方四島ビザなし渡航について、残る9月分も取りやめ、2年連続で全面中止とする方針を固めた。近く発表する。政府は、四島周辺の船上で慰霊祭などを行う「洋上慰霊」の本格検討に入るが、感染拡大が続く中、…